人間関係 PR

知っていますか?「人間関係うまくいかなくて疲れた・諦めた」と言う前に状況をスムーズにする5選!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

 

会社を辞める一番の原因は「人間関係」二番目が「給料が安い」と言われています。

上司とうまくいかない、さらに同僚と揉めたなど理由は色々とあるようですが・・・

 

結論から言うと・・・

「人を変えるのは無理です! あなたが変わることが一番の近道です!」

あなたが変われば、すべてが変わる!

 

 

自分の「運命を変えるチャンス」ではありませんか!

 

 

 

期待感のハードルを下げる!

 

 

「失望」は相手が期待値に達してないから起こる現象であるので、基本相手への期待値を下げること。

 

人間皆、ある程度の許容範囲を超えると「ストレス」が溜まります。これは言う方も言われる方も一緒で、お互いが合格点のハードルを上げることで起こります。

 

最初は両者行動を起こしますが、相手のキャパシティーを理解しておかないと、そこから先はストレスということになります。

 

その辺の「駆け引き」を学習しながら行動しましょう!

 

刺身(3・4・3)の法則を理解する!

 

 

 

松下幸之助さんが、おっしゃていた「刺身の法則」

会社に10人の従業員がいれば、「刺身の法則」が成り立ってしまうと言います!

要は10人のうち・・・

3人は「人財」

4人は「人材」

3人は「人罪」

3対4対3となり、「刺身の法則」と言っています。

 

簡単に言えばリーダ格が3人、普通の人材が4人、指示待ちが3人ということですね!

 

確かにリーダ格が5人いたほうが、会社的には伸びそうですが、船に5人も船頭がいたら行き先がバラバラになりますから(笑)

 

逆に指示待ちが6人も7人もいたら、リーダーは大変でしょうね!

こんな感じに会社の従業員は長い年月をかけて「刺身の法則」に自然と調整されていくわけです。

 

「人間 対 人間」合わなくて当たり前と距離を置く!

 

 

人間も動物です!自分の「テリトリー」に内部の人が入ってくるとストレスを感じます!

その距離感は人それぞれで、距離で言えば1mだと言われています。

 

さらに環境的にも家の事、家族の事、子供の事、親の事などなど触れられたくない部分も、各自違っていたりしますので、その辺も土足で踏み込むと「嫌悪感」を持たれてしまいます。

 

各自の「違う距離感」を察してうまく付き合うのも、解決策の一つになるでしょう!

 

上司は部下を選べるが、部下は上司を選べない!

 

 

一人の上司に対して10数人~30人のチームとなれば、自分の上司は一人!先輩は何人かおられるかと思いますが・・・

 

このように部下は上司を選べないが上司は部下を選べるという、ある意味理不尽な状況になり、これが「世の常」となってしまいます。

 

そうなるんだったら、あの手この手で「好かれるようにするのが一番」ですが、なんせ人間関係・・・どうしても会わない人もいますよね!

 

みんなから総スカンを食らっている「ダメ上司」、常に威張っている「不機嫌上司」

・・・とは言え上司は上司!

 

そんな上司と人間関係を良くするのには・・・

 

「共通の趣味を探す」とか「仕事を先回りして片腕になる」「ある程度距離を置いて付き合う!」といろいろありますが、一番簡単なのは「好かれる術」を身につけることです。

 

そうあなたが「魅力」を身につける!

 

 

色々と書いてきましたが、世の中 自分だけではどうしても解決できない案件もあります。

 

会社が「ブラック企業」だったり、「陰湿ないじめ」だったりと・・・そう思ったら一刻も早く退職して、別の人生を歩むのも得策だと思います。

 

人生は一度きりです。そんな会社で「生き地獄」のように生活していても無駄です。

 

きっぱりと「退職」して別の人生を歩みましょう!

 

何かと退職しづらい場合は「退職代行」というサービスもありますから、任せればあとは会社に行かなくて済みますよ!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

人間関係 ウィキペディア